AV大好きな友達とカレーを食べに行きました(1.16~1.18)

日記

変な体勢で寝たせいで首を寝違えてしまい、ここ数日はNetflix片手に引きこもってました。

そのため、写真少なめ文字マシマシ麺硬めの日記になってしまいました。すんません。




1月16日(木)

漫画喫茶に行きました

今日は「大ダーク」「チェンソーマン」「アオイココロが地球を割る」「不能犯」「金剛寺さんはめんどくさい」「鬼滅の刃」「賭博堕天録カイジ 24億脱出編」あたりを読みました。

カイジが一番おもしろかった。


この間「漫画喫茶は主な客がおっさんで、おっさんの苦情に対応しないといけないから、一刻もはやくおっさんの怒りをしずめるために、女のバイトは美人じゃないと面接を通らない」っていう噂を聞いたのですが、本当なんですかね。

たしかに僕がいつも行く漫画喫茶は美人のバイトが多い気もするけど。


あ、あと今日誕生日でした。「20歳になったことだし、お酒でも飲んでみるか……」と思ったけどやめました。なんとなく気分が乗らなかったので。




1月17日(金)

AV大好きな友達とカレーを食べに行きました

AVとAV女優を愛してやまない友達と、カレーを食べに行きました。

この友達のAVへの愛はそこらへんの大学生の「俺AV好きなんスよ」みたいなレベルじゃなくて、


  • 約1000人のAV女優をフォローしていて、毎日彼女たちの動向を確認している
  • デビュー前のAV女優のアカウントを見つけては、「なあよもつ、来月デビューする〇〇っていう女優なんだけどさ、この方がすごくてよ。」みたいな話をしてくる
  • 趣味は「シコるわけでもなく、ただ作品としてAVを何時間も鑑賞すること」
  • 大学1年生のくせに毎月数回AV女優の握手会に参加している
  • AV女優のイベントに頻繁に参加するために東京に近い大学を受験した
  • 彼の家には同じAVが何本も並べて飾ってある(握手券のために何本も買っている)
  • スマホのロック画面はもちろん推しのAV女優
  • 女優の髪型や性格、シチュエーションを言うと、それに合ったAVのリンクを送ってくれる。だから僕は彼のことを心の中で「AVソムリエ」と呼んでいる

みたいな人です。


そんな彼の最近の驚きは「『八木奈々』という女優がめちゃくちゃにかわいいかったこと」、

悩みは「八木奈々ちゃん推しすぎて、人気になるのが嫌。でもこれを嫌がってしまうのはファン失格で、そんな自分が情けないこと」らしいです。




「八木奈々ちゃんっていう女優が本当にかわいくてさ。先月デビューした娘なんだけど。」

「うん」

(画像を見せてくれて)「この娘なんだけど、癒やしなんだよ」

「そう」

「かわいいの本当に。いや顔だけで勝負してる娘じゃないから、う~ん、うまく説明できないんだけど、なんていうかピュアなの。かわいいの。プレイもそこそこなんだけど、仕草がいちいちかわいい。まず服を脱ぐときにニヤニヤしてさぁ」

「なんか気になってきた」

「まずこの業界に入った理由がかわいいの。『彼氏に振られて、自分に自信をつけたいから』って理由だぜ? 金とかそういうのじゃないのがさぁ」

「かわいいと」

「そう。かわいいの。この娘2000年7月生まれの19歳なんだけどさ、撮影まで『イク』って知らなかったんだって」

「それはないでしょw」


みたいな話を永遠にしてました。



この友達と話している時間は本当に楽しいんですよ。もともと人の話を聞くのは好きなんだけど、その中でも特にこの友達の話を聞くのが大好きで。

僕が下ネタ好きっていうのもちょっとはあるんだろうけど、それ以上に「異常なほどに何かにのめり込んでいる人」の話はめちゃくちゃおもしろいんですよね。どんな趣味にも「何千時間という時間を溶かさないと見えてこない世界」があって、何かにのめり込んでいる人は、その世界の話をわかりやすく僕に教えてくれるから。




これは今日食べたナンとカレーです。インド人とかネパール人が経営するカレー屋さんのナンって、なんでどこもこんなに大きいんだろう。インドとかネパールでは、ナンを2つに切って客に提供することはマナー違反だったりするのかな。




空挺ドラゴンズを見ました

TVアニメ「空挺ドラゴンズ」本PV

空挺ドラゴンズを見ました。おもしろかった。

「ドラゴンをおいしくいただく」っていう、最近よく見る「異世界×グルメ」もの。ダンジョン飯に近いアニメです。

ただこのアニメの世界には、魔法は存在しません。異世界要素はドラゴンだけ。

人間は銃や槍で戦うし、この世界ではたらく物理法則は地球のそれと同じ。

こういうリアルよりの異世界もの、好きなんですよ。例えばメイドインアビスとか、約束のネバーランドとか。魔法みたいなチート能力を使えない弱い人間が、今の地球にはいない強力なモンスターと戦う話が好きです。



好きなんですが、この空挺ドラゴンズ、パクリ疑惑であんまり評判高くないんですね。

「ジェネリックジブリ」とか「ナウシカとラピュタみたいな世界でダンジョン飯とメイドインアビスみたいな空想料理出してくる漫画」とか、散々な言われよう。


「どっかで見たことのある世界と話、つまりどっかで見たことのない人に人気なのでは」って言ってる人がいて、なるほどなって思いました。だって僕ナウシカもラピュタも見たことないもん……。


もし僕がナウシカとラピュタ見てたらこの作品に対する評価は変わったのかな。まあ、そんな感じのアニメなので気になる人は見てみてください。ナウシカもラピュタも見たことがない人にはオススメです。




1月18日(土)

引きこもりは外の天気をTwitterで確認する

Yahoo!天気が「今日の夜から明日の朝にかけて、神奈川では雪が降るよ」って言っていたので、ワクワクしながら夜ふかしをしました。




この通り、僕の部屋は24時間シャッターが閉まっている社会不適合ルーム。なので雪が降っているかどうかを調べるには、いちいち玄関から外にでないといけません。


はじめのうちは目を輝かせながら玄関を開けたり閉めたりしていたんですけど、途中からめんどくさくなって、1時間に1回Twitterで「神奈川 雪」で検索していました。

結局雪は降らなかったけど、締め切った屋内で機械を使って外の様子を調べるのはディストピア感があって楽しかったです。




タイトルとURLをコピーしました