Googleアラートで「児童 逮捕」に関するニュースを収集するのは楽しいという話(12.20~12.23)

日記

12月20日(金)

今日は何にもありませんでした。何にも無かったし、大学で買わされた30cm定規の主な用途でも書いとこうかな。












背中をかく



誰か僕とホッチkissしませんか?





12月21日(土)

Googleアラート(指定したワードを含む記事が投稿されるたびにメールで教えてくれるサービス)からのメールを消化しました。

僕はGoogleアラートに「児童 逮捕」を登録していて、「児童」と「逮捕」が含まれるサイトが更新されたらメールで通知が来るようにしているので、児童に関する悪さをして逮捕される変態のニュースがメールで届くんですよ。

ほとんどが「児童売春」か「小学校に侵入し、児童のリコーダーを盗んだ男を逮捕」なんですけど、たまにすごい人がいておもしろいんですよね。

例えば最近でいうと、逮捕されたときにリコーダーを数十本所持している人がいました。「よくばりすぎだろ」って思って笑ってしまった。

あと、おととい女子高生と援交した80歳が捕まっていたのも笑ったな。周りの老人が孫だの桜だの俳句だの言っている中、ギンギンに勃起して女子高生を買っている姿、おもしろすぎるでしょ。

ていうか、女子高生の方もいくら積まれたら80歳とエッチしようと思うんだろう。よっぽど条件が良かったんだろうな。


こういう愉快なニュースが届くので、Googleアラートに「児童 逮捕」を登録するのはオススメです。





12月22日(日)

一人暮らしのメリットの一つに、「いつでも全裸になれる」というものがあります。リビングでちんちんをぷらぷらさせても、キッチンでちんちんをぷらぷらさせても、誰にも文句を言われない。


かくいう僕も一人暮らしなのでお風呂上がりには身体が乾くまで全裸で過ごすんですけど、今日は全裸のまま気づいたら1時間くらい経ってました。

具体的に言うと、暖房のかかった部屋のソファに全裸のまま座って1時間スマホをいじってました。資源の使い方が下手すぎる。





12月23日(月)

大学で授業を受けてたんですけど、前の席の人がすっっっっっっっごい足を開いてて笑いそうになりました。誇張なしで170°位開いてました。スラキャンサーみたいになってたもん。


参考画像

人の前で勝手にスラキャンサーになるのはやめてほしい。笑いそうになるから。



スラキャンサーから離れた後は、友達から「俺の友達にさ、ものを燃やす匂いが好きな人がいるんだよね。」っていう話を聞きました。

その人はものを燃やす匂いが好きすぎて、成人してすぐにタバコを吸うようになったんだとか。そんな人いるんだ。


それにしても「ものを燃やす匂いが好き」って、アニメの特殊能力放火魔の設定にありそうですよね。

意識を持った炎をあやつり、村を燃やして炎を見ながら恍惚とする能力者。その能力者を前にした主人公は、敵意をむき出しにして、声を荒げて「なんで……なんで燃やしたァッ!! 宿屋のおばちゃんも……道具屋の兄さんも……関係ないだろッ!!!」と叫ぶ。

それを見て笑う能力者。カツカツと主人公に歩み寄りながら言んです。「僕はね……昔からものを燃やす匂いが好きだったんだ。子供のころは紙を燃やして匂いをかいだり、親父にせがんで焚火をしたりしていてね……。高校生のときかな。近所で火事が起きたんだ。僕は感動したね。大きなものを燃やすと、あんなに幸せの匂いがするんだって。次の日になってもその次の日になっても幸せの匂いが忘れられなくて、ついに一か月後、自分の手で家に火をつけちゃったんだ。気持ちよかったなぁ。あの幸せの匂いを自分の手で発生させられたんだから。その次の月も、その次の月も、僕はバレないように場所を変えて放火を続けた。でもね、一年が過ぎたくらいかな。僕の中に次の欲望が芽生えたんだよ。もっと大きなものを燃やしたい。もっともっと幸せな匂いを嗅いでみたい……ってね。その時、僕の炎が魂を持ったんだ。うれしかったなあ。炎の神様が僕を肯定してくれたような気がした。でも君は僕の楽しみが許せないみたいだね。だから邪魔をするんだろう? 僕は幸せの匂いが嗅ぎたい。もっともっともっともっともっともっともっともっと!!!幸せの匂いを楽しみたいんだよ!!!!!邪魔をするな!僕から幸せを奪うな! ……あはは、そうか、そうかそうか、君を燃やせばいいんんだ。そうすれば邪魔者も消えて幸せの匂いも楽しめて一石二鳥じゃないか! ふふ、いくよ。僕の炎に包まれてくれ……。」



……また無いアニメの話をしてしまった。終わります。





タイトルとURLをコピーしました